ラインアイコン

梅雨時期に増える「皮膚病」に関して

皆様、こんにちわ。富士市の「ミル動物病院桜ヶ丘」院長の飯島です。

今回のコラムは、高温多湿なシーズンに多くなります、「皮膚病」に関するコラムを書いてみました。




ミル動物病院があります、ここ静岡県富士市では、そろそろ梅雨の時期になろうとしています。

高温多湿な梅雨の時期は一年の中でも最も皮膚のトラブルの多い時期です。

 

昔と比べ、寄生虫感染などによる皮膚のトラブルよりも、アトピー性皮膚炎などの完治困難な病気が増えていると思います。寄生虫の場合は、駆除さえ行えば完治できますが、アトピー性皮膚炎は湿疹を起こしやすい体質からおきる皮膚病なので治すことはできません。

 

しかし、最適な治療を行うことにより、快適で質の良い生活(痒み等のストレスの無い)を送れるようにすることは可能です。すなわち、症状を抑えることや、アトピー性皮膚炎とうまく付き合っていくことが大切なのです。

 

 

 

ここで、皆様に質問です!

ワンちゃんやネコちゃんの皮膚病をかかりつけの獣医師の説明で、充分理解できていますか?

また、かかりつけ獣医と、密なコミュニケーション取れていますか?

 

獣医師とのコミュニケーション不足により飼い主様が病状をしっかりと理解できていない場合、今までの動物病院を変える(転院される)方が多いように思います。

これは、動物たち・飼い主様・獣医師にとって、決して幸せなことではありません。何回か通院すれば治る病気と、そうでない病気があります。

 

大切なことは、

① 信頼できる獣医師さんとしっかりとコミュニケーションをとること。

② どんな治療をすれば、直らない病気の症状を抑えることができるのか、しっかりと話すこと。

③ 自分の家族が抱える病気はどんな病気であるのか理解すること。

これらは、快適で幸せなペットライフを送るために、とても大切なことなのです。

 

現在、このコラムをお読みの飼い主様でペットの皮膚病が長引いている場合は、かかりつけの獣医師にもう一度ご相談や質問をしてみてはいかがでしょうか。

 

ミル動物病院桜ヶ丘

医院長飯島




以上、今月のコラムでした。ご不明な点、ご相談は当院までご連絡ください。

関連記事
【前編】もしも、子猫を保護したらどうする?

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 今回のコラムは「もしも子猫を保護したらどうするべきなのか。」というコラムを前編・後編と分けてお送りいたします。 (後編は11月中旬頃の発信を予定しております[…]

[» 続きを見る]

犬猫へのマイクロチップ装着義務化について

皆様こんにちわ。ミル動物病院桜ヶ丘院長の飯島です。 今回のコラムのテーマは「犬猫へのマイクロチップ装着義務化について」皆様にコラムをお届けしようと思います。 2022年6月から環境省管轄の『改正動物愛護管理法』によりブリ[…]

[» 続きを見る]

災害時の犬猫との避難

皆様、こんにちわ。富士市の「ミル桜ヶ丘動物病院」院長の飯島です。   今回のコラムは過去の災害時の教訓を中心に記載していきます。 今年は、日本全国で様々な天災に見舞われた年です。(台風25号も発生したとのことで[…]

[» 続きを見る]

人間と動物を「マダニ」から守れ!

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 今回のコラムは、「マダニによる吸血被害」に関するコラムを書いてみました。 3月に入り徐々に春の気配が感じられるようになってきました。 徐々に暖かくなってきた[…]

[» 続きを見る]

犬猫の近未来生活ってどんなだろう

みなさま、こんにちわ。中里ミル動物病院、院長の渡辺です。 今月のコラムは、いつもと少し視点を変えて「近未来の犬猫を取り巻く生活」についてお話したいと思います。 つい先日、WEB上でこんな話題が掲載されていました。 「留守[…]

[» 続きを見る]