★ NEW ★ 犬猫へのマイクロチップ装着義務化について

皆様こんにちわ。ミル動物病院桜ヶ丘院長の飯島です。

今回のコラムのテーマは「犬猫へのマイクロチップ装着義務化について」皆様にコラムをお届けしようと思います。

ミル動物病院コラム_動物愛護法改正に関して_マイクロチップの義務化画像

マイクロチップはどんなメリットが有るのかな?



2022年6月から環境省管轄の『改正動物愛護管理法』によりブリーダーやペットショップが販売する犬猫へのマイクロチップ装着が義務化されました。

私も体に入っているニャン♪


マイクロチップについて

そもそもマイクロチップとは小さな円筒型の電子標識器具です。

 

1つのマイクロチップごと15桁の数字であるID番号が記録されています。

実際のレントゲン写真



また、マイクロチップは注射器のような器具で動物の首背部~肩甲部の皮下に埋め込みます。

このような器具を使用します。



マイクロチップを装着した動物は、専用のリーダー(読取機)でIDを読取り、その番号を照会することで個体識別や登録した飼い主様情報を確認できます。



マイクロチップの装着義務化することで今後に期待する事は、迷子・交通事故・災害時などに保護した犬を確実に飼い主様のもとに帰ることができます。(実際に当院でも迷子のワンちゃんをマイクロチップのおかげで飼い主様にお返しできた事例もあります)

 

FAQ

それでは、ここでマイクロチップ義務化に伴うQ&Aの一部を紹介させていただきます。

 

Q:現在、自宅で飼っている犬猫はマイクロチップを装着しないといけないのですか?

A:すでに飼っている犬猫のマイクロチップ装着は努力義務のため、装着していなくても法律的に問題はありません。




Q:すでにペットのマイクロチップの登録している民間団体から環境省のデーターベースに情報の移行は勝手におこなわれるのですか?

A:個人情報の関係から各民間団体への個人情報が国のデーターベースに移行することはありません。そのため飼い主様自信で環境省に登録をしてください。




Q:マイクロチップが装着している犬猫をお迎えした場合どうすればいいのですか?

A:ブリーダーやペットショップの名義や住所で登録されているので、新しい飼い主様の名義や住所に変更する必要があります。その場合、民間企業と環境省の両方に申請してください。

 

ワンニャンドッグのお知らせ

ミル動物病院では健康診断『ワンニャンドック』を実施ししております。

特にシニア期(7歳~)の猫ちゃんは年に1回は腎臓機能のチェックをお勧めいたします。

当院でも健康診断プランもご用意していますので、体調で気になる事がある方は遠慮なく当院受付もしくは獣医師にご相談ください。

 

今月のコラムはここまで。次回のコラムもみなさま、お楽しみに♫

ミル動物病院桜ヶ丘 獣医師 飯島

 







 

関連記事
年忘れ!動物病院のあるある『ヒヤリ&ハッと集』

みなさまこんにちわ。ミル動物病院桜ヶ丘医院長飯島です。 今回のコラムは、年忘れ!動物病院のあるある『ヒヤリ&ハッと集』と題しまして、動物病院でよく見受けられる、ちょっとした不注意による失敗談を発生場所別に纏めたお話しをし[…]

[» 続きを見る]

フィラリアの予防時期に関して。

皆様、こんにちわ。富士市の「ミル動物病院桜ヶ丘」院長の飯島です。 今回のコラムは、「フィラリアの予防時期」に関するコラムを書いてみました。 我が家の大切な家族の命を脅かす「フィラリア」とは。 かつて多くのワンちゃんの命を[…]

[» 続きを見る]

犬猫の近未来生活ってどんなだろう

みなさま、こんにちわ。中里ミル動物病院、院長の渡辺です。 今月のコラムは、いつもと少し視点を変えて「近未来の犬猫を取り巻く生活」についてお話したいと思います。 つい先日、WEB上でこんな話題が掲載されていました。 「留守[…]

[» 続きを見る]

犬猫を飼う前に飼い主が知っておくべき大切なコト

皆さま、こんにちわ。中里ミル動物病院院長の渡邉です。 今回のコラムは、「犬猫を飼う前に、飼い主が知っておくべき大切なコト」についてお話をしようと思います。   皆さん。突然ですが、こちらの「ベンガル」と[…]

[» 続きを見る]

冬の「おしっこトラブル」にご注意 │ 膀胱炎について

皆様、改めまして明けましておめでとうございます。中里ミル動物病院院長の渡邉です。 1月になり、寒さがより一層厳しくなってきましたね。   毎年、寒い時期になると「おしっこのトラブル」が多くなります。 &nbsp[…]

[» 続きを見る]