「飲水量・尿量」の変化にご注意を!

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。

寒さも一段と厳しくなってきましたが、皆様のワンちゃんネコちゃんの体調はいかがでしょうか?

寒い季節はトイレに行くのが億劫になるこの季節ですが、今回は「飲水量と尿量について」お話をしたいと思います。




1:飲水量や尿量の極端な変化は病気のサイン!?

我々人も含めた全ての動物は、体の中に水分を保持して生命を維持しています。過剰になれば浮腫むくみとなり、不足すると脱水状態となり命の危険にさらされます。

適正な水分バランスを保つために体は飲水により水分を補給し、不要な水分を尿として排泄しています(実際はより複雑な機構が関与していますが)。

ですから、飲水量や尿量の極端な変化は病気のサインであることが多いのです。放置しておくと病気が進行したり、命の危険にさらされることがありますので注意が必要です。

代表的な病気として、
  • 腎臓病
  • 糖尿病
  • 子宮蓄膿症
などが挙げられます。

飲水量尿量の変化に加えて、体重減少や食欲の増減などがある場合は特にご注意ください。

2:簡単!飲水量・尿量のチェック方法!

通常、犬の一日当たりの飲水量は体重1キロあたり100ml以下、尿量は体重1キロあたり50ml以下といわれています。

とはいえ、正確な飲水量・尿量を量るのは難しいですよね。そこで、初心者でも簡単にできる、簡易的なチェック項目をいくつか挙げてみました。

飲水量計測のポイント : 水はペットボトルに入れてから注ぐべし!
ペットボトルにあらかじめ飲水用水を入れて置き、そこから器に水を入れてあげます。そして、一日の最後にペットボトル内に残った水の量を量れば、おおよその一日の飲水量を確認することができます。

尿量計測のポイント : ペットシーツを計測するべし!
排尿後のペットシーツの重さを量ることにより、おおよその尿量を確認することができます。予めシーツの重さを秤に乗せて、シーツ分の重さはマイナスにしておくことをお忘れなく!

以上が自宅で出来る簡単なチェック法ですが、実際には、水をこぼしちゃったり、多頭飼育や外で飼っているなどでなかなか思うようにいかないこともあると思います。そんな時は、なんとなく多い少ない、感覚的な感じで判断して問題ありません。

つまり・・・
  • 最近、水を飲む姿をよく見る。
  • 器の水がすぐ無くなる。
  • トイレのペットシーツやトイレ砂を変える回数が増えた気がする。
  • 散歩中おしっこばっかりするようになった。etc…
病的な飲水尿量の時は明らかな変化が起こっているはずです。「いつもと違う」時は一度獣医師に相談してみることをお勧めいたします。

中里ミル動物病院 獣医師 渡邉




ミル動物病院では1月~3月に健康診断『ワンニャンドック』を実施ししております。
当院でも健康診断プランもご用意していますので、体調で気になる事がある方は遠慮なく当院受付もしくは獣医師にご相談ください。

中里ミル動物病院
院長:渡邉




以上、今月のコラムでした。ご不明な点、ご相談は当院までご連絡ください。


関連記事
★ NEW ★ 【朗報】ホルモン測定がミル動物病院でも可能になりました。

皆様、こんにちは。ミル動物病院桜ヶ丘医院長の飯島です。 世間は、新型コロナウイルス感染症の話題で持ちきりとなっています。嘗て無い程に世界全体が大変な事態に陥っております。皆様の周りの方々は大丈夫でしょうか。 日本全体が自[…]

[» 続きを見る]

ペットフードの適正量について。

皆さま、こんにちわ。ミル動物病院桜ヶ丘院長の飯島です。 今回のコラムは、「ペットの食事の適正量」についてお話をしようと思います。 飼い主様より、よく受ける質問の中に、 「うちの子はどのくらいフードを食べさせたらいいの?」[…]

[» 続きを見る]

フィラリアの予防時期に関して。

皆様、こんにちわ。富士市の「ミル動物病院桜ヶ丘」院長の飯島です。 今回のコラムは、「フィラリアの予防時期」に関するコラムを書いてみました。 我が家の大切な家族の命を脅かす「フィラリア」とは。 かつて多くのワンちゃんの命を[…]

[» 続きを見る]

最近の散歩事情に関して

皆さま、こんにちは。ミル動物病院桜ヶ丘の獣医、飯島です。   最近は気候も良く、暖かくなってきましたね♫桜ケ丘病院のマスコットである、あゆむ君とお散歩をする機会が増えてきました。 僕のことを紹介してくれているコ[…]

[» 続きを見る]

ご存じですか?ペットの『術後服』

みなさま、こんにちわ。ミル動物病院桜ヶ丘、院長の飯島です。 今回のコラムは、「術後服」についてお話しさせていただこうと思います。 ワンちゃんや猫ちゃんの手術といえば、避妊や去勢が初めての手術だという方は多いと思うのですが[…]

[» 続きを見る]