【前編】もしも、子猫を保護したらどうする?

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。

今回のコラムは「もしも子猫を保護したらどうするべきなのか。」というコラムを前編・後編と分けてお送りいたします。

(後編は11月中旬頃の発信を予定しております。)





もしも、子猫を保護したらどうするべきなの?

1:まずは、周りを確認して!
まずは周りに、保護した子猫の「親猫」がいるかどうかを確認しましょう。子猫の世話は母猫には敵いません。もし母猫が居るなら、母猫の元に帰すのが最善です。

しかし、外の世界で生きていくのは子猫にとって大変、もし世話を出来る環境であれば保護して大事に育ててあげてください。

 

2:大きさチェックで月齢チェック!

その場合はまず保護した猫ちゃんがどの位の大きさなのかをチェックしてみましょう。
チェック項目は目、歯、体重です。

まず、目をみましょう。開眼していない場合は生後1週間以内の子です(猫は生後1週頃から開眼し、2週令頃に視力がでてきます。)
ただし、眼炎などでまぶたが閉じている場合もあるので、歯もチェックします。
歯は通常、切歯(前歯)と犬歯、臼歯(奥歯)の順に乳歯が生後3週令~生後1ヶ月頃に生えそろっていきますので、乳歯が生えていたらおそらく生後1ヶ月令とみてよいでしょう。

 

ですので、乳歯が生えているのに開眼していない場合は、おそらく目に何らかのトラブルが起きている可能性がありますので病院で診察を受けるようにしましょう。

猫の目のトラブルに関してはこちらのコラムから

 

また、体重でもおおよその成長具合を見ることが出来ます。
平均的に体重100~200gで生まれ、1日あたり10~20gずつ増え、生後1か月令で500g、生後2ヶ月令で1キロ位に成長します。

 

以上のチェック項目からおおよその月齢を把握しましょう。
分からない場合は病院で診察を受けるようにして下さい。

子猫を保護したら

次回は月齢別栄養管理方法についてです。次回の更新を乞うご期待ください。

中里ミル動物病院

院長:渡邉




以上、今月のコラムでした。ご不明な点、ご相談は当院までご連絡ください。

関連記事
ちょっと待って!その症状、ホントに老化のせい?

皆さま、こんにちわ。中里ミル動物病院 院長の渡邉です。 今月のコラムの内容は「老齢期の猫の健康管理」についてお話させていただこうかと思います。 近年、人の世界では高齢化社会と言われていますが、猫の世界でも飼育環境の[…]

[» 続きを見る]

最近の散歩事情に関して

皆さま、こんにちは。ミル動物病院桜ヶ丘の獣医、飯島です。   最近は気候も良く、暖かくなってきましたね♫桜ケ丘病院のマスコットである、あゆむ君とお散歩をする機会が増えてきました。 僕のことを紹介してくれているコ[…]

[» 続きを見る]

★ NEW ★ 【朗報】ホルモン測定がミル動物病院でも可能になりました。

皆様、こんにちは。ミル動物病院桜ヶ丘医院長の飯島です。 世間は、新型コロナウイルス感染症の話題で持ちきりとなっています。嘗て無い程に世界全体が大変な事態に陥っております。皆様の周りの方々は大丈夫でしょうか。 日本全体が自[…]

[» 続きを見る]

【後編】もしも、子猫を保護したらどうする?

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 今回のコラムは「もしも子猫を保護したらどうするべきなのか。」というコラムを前編・後編と分けてお送りしております。 後半のコラムである今回は「月齢別栄養管理方[…]

[» 続きを見る]

2019年6月12日に動物愛護法が改正されました。

皆さま、こんにちわ。ミル動物病院桜ヶ丘院長の飯島です。 ここで皆さまに質問です!最近、「動物愛護法の改正案が成立した」ということを皆さまはご存じでしたでしょうか?知らなかったという方も、多いのでは? そこで、今回のコラム[…]

[» 続きを見る]