ラインアイコン

人間と動物を「マダニ」から守れ!

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。

今回のコラムは、「マダニによる吸血被害」に関するコラムを書いてみました。




3月に入り徐々に春の気配が感じられるようになってきました。

徐々に暖かくなってきたこの時期、患者さんからの相談で増えるものが、

 

「マダニによる吸血被害」です。

 

マダニは吸血だけでなく様々な病気を媒介することで知られていますが、なかでも最近では、人の死亡例もある重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の発生が騒がれています。
この病気はマダニからの直接感染だけでなく、ダニに咬まれた犬や猫から人への感染例も報告されています。

 

現在、発生は西日本が中心ですが、最近では中部地方の鹿にもSFTSウイルス陽性例が出ているようですので注意が必要と思われます。
しかしながら、確実な治療法が無いためマダニの予防駆除を徹底させることが最も重要な対策とされています。以下に、動物と人間がどのようにマダニから身を守るべきか、箇条書きにまとめました。

 

【具体的なマダニ対策方法】

「動物」のマダニ対策方法

動物病院で取り扱いのあるマダニ駆除薬を使用する。(投薬期間を守る)
散歩で草むらに入った後はブラッシングを徹底する。(マダニ吸血が活発な4月~11月は極力草むらを避ける)

 

「人間」のマダニ対策方法

草むら、山、畑に行くときは肌の露出を避ける
野外活動から戻ったら上着や作業着を着替え家の中にマダニを入れない。
入浴時マダニに咬まれた傷が無いかチェックする。




※1:その他、人や動物用に虫よけ(イカリジン製剤、ディート製剤)も有効

※2:万が一マダニに咬まれた場合は不用意に引っ張らずに診察を受けるようにしましょう。

※3:病原菌がマダニ体内に入っていることもありますので素手でマダニを潰したりしないようにしましょう。




以上今月のコラムでした。ご不明な点、ご相談は当院までご連絡ください。

関連記事
「うちの子に限って大丈夫」という考え方にご注意を。

皆さま、こんにちは!中里ミル動物病院、院長の渡邉です。 皆さんにはご自慢のワンちゃんネコちゃんがいますか?私には自慢のネコが3匹います。 名前を呼べば返事をしてくれるし、 病院に連れて行く際も、自らキャリーケージに入って[…]

[» 続きを見る]

【後編】もしも、子猫を保護したらどうする?

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 今回のコラムは「もしも子猫を保護したらどうするべきなのか。」というコラムを前編・後編と分けてお送りしております。 後半のコラムである今回は「月齢別栄養管理方[…]

[» 続きを見る]

コラム:ビーグルのかかりやすい病気について

みなさま、こんにちわ。ミル動物病院桜ケ丘、院長の飯島です。   ご存じの方もいると思いますが、今年の6月より『あゆむ』という名前のビーグルが入社いたしました。今年の12月で生後11か月になりましたが、オスのわり[…]

[» 続きを見る]

ペットの「尿路結石」について。

皆様、こんにちわ。富士市の「ミル動物病院桜ヶ丘」院長の飯島です。 今年は膀胱結石の手術が例年に比べて多いように感じます。 それは、桜ヶ丘に限らず中里でも同様のようです。感染するものでも無いですし、たまたまかもしれませんが[…]

[» 続きを見る]

コラム:状況に合わせた「オムツ」の選び方について

皆さまこんにちは。中里ミル動物病院の獣医師:渡邉です。   今回のテーマは獣医師目線から選ぶ、「状況に合わせたオムツの選び方」について話したいと思います。    みなさんはワンちゃんやネコちゃんに「オ[…]

[» 続きを見る]