愛犬・愛猫の目が白い。これって白内障なの?

皆様、こんにちわ。ミル動物病院桜ヶ丘・院長の飯島です。

今回のコラムは、犬猫の目の白濁に関するコラムを書いてみました。




「あれ?うちの子の目が前より白くなったみたい?」

 

近年、ペットの高齢化が進み『白内障』(白内障とは、水晶体が不可逆的に混濁した状態のこと)の子が増えています。しかし、『目が白い』と来院された患者様の中には白内障ではない子も実は多くいるのです。

 

実際に診察してみると、、、

 

・目の表面に傷がつき角膜が混濁して白く見える。

・緑内障で角膜がむくみ白く見える。

・目の中の炎症(ぶどう膜炎)で目の中が白く見える。

 

など、白内障とは診断し難い様々な症状が見受けられます。

 

目が白くなった=『白内障』と決め付けないで、是非、診察にいらしてください。当院で出来る限り診察させていただきます。

 

また、当院の患者様のため2ヶ月毎に眼科専門医の小野先生を桜ヶ丘病院にお招きし、診察していただいております。


 

 

 

 

 

 

 

ミル動物病院 獣医学博士
小野 啓先生

眼科診療に関するページはこちらから。

 

以上今月のコラムでした。ご不明な点、ご相談は当院までご連絡ください。

関連記事
★ NEW ★ 【朗報】ホルモン測定がミル動物病院でも可能になりました。

皆様、こんにちは。ミル動物病院桜ヶ丘医院長の飯島です。 世間は、新型コロナウイルス感染症の話題で持ちきりとなっています。嘗て無い程に世界全体が大変な事態に陥っております。皆様の周りの方々は大丈夫でしょうか。 日本全体が自[…]

[» 続きを見る]

【前編】もしも、子猫を保護したらどうする?

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 今回のコラムは「もしも子猫を保護したらどうするべきなのか。」というコラムを前編・後編と分けてお送りいたします。 (後編は11月中旬頃の発信を予定しております[…]

[» 続きを見る]

人間と動物を「マダニ」から守れ!

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 今回のコラムは、「マダニによる吸血被害」に関するコラムを書いてみました。 3月に入り徐々に春の気配が感じられるようになってきました。 徐々に暖かくなってきた[…]

[» 続きを見る]

ちょっと待って!その症状、ホントに老化のせい?

皆さま、こんにちわ。中里ミル動物病院 院長の渡邉です。 今月のコラムの内容は「老齢期の猫の健康管理」についてお話させていただこうかと思います。 近年、人の世界では高齢化社会と言われていますが、猫の世界でも飼育環境の[…]

[» 続きを見る]

夏の耳の管理について

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 梅雨も明け、いよいよ夏本番!この時期に気をつけたいのが耳のトラブルです。 今回は「耳の管理について」のコラムを書いてみました。 皆さんのワンちゃんネコちゃん[…]

[» 続きを見る]