ラインアイコン

表情でわかる猫のきもちvol.1

みなさま、こんにちわ。中里ミル動物病院、院長の渡辺です。

今回のコラムは、猫の気持ちについてお話しさせていただこうと思います。

おいらの気持ち、わかってほしいニャン♫



突然ですが、皆さんは猫と会話できますか?いきなり変なこと聞いてしまってゴメンなさい。

私は当然、、、、喋れません(汗)

しかし、言葉を交わすことはできませんが、気持ちを判断することはできます

渡辺先生、やるじゃな〜い。でもどうやってオイラの気持ちがわかるって言うのさ。



チェシャ猫ちゃんからのツッコミが入ったところですが、猫ちゃんの表情から気持ちや状態を察する方法をこれから幾つか考えてみようと思います。

 

記念すべき第1回目の今回は、「痛みを表す表情」についてです。

 

Feline grimace scale(FGS)?

獣医療においては、猫の表情から痛みを推測する方法としてFeline grimace scale(FGS)があります。

FGSとは、簡単に言えば猫の顔の各部位の状態から痛みの程度を評価する方法です。

 

見るポイントは主に5か所(耳、目、鼻、頬ひげ、頭)です。




耳が前を向いていて、目がしっかりと開いて、鼻の形が丸く(普段のように)、頬ひげが緩く曲がり、頭の位置が肩よりも高い。こんな時はリラックスして痛みの無い状態、つまり元気な時です。




対して、耳が外側に向いていて、目を細め、鼻が楕円形につぶれ、頬ひげが真っすぐかつ前に向いていて、頭の位置が肩より低く、下を向いている。こんな時はかなりの痛みや辛さを感じている時です。


(CAP No.370 2020年4月号,p12より抜粋)

 

この表を参考に、皆さんの猫ちゃんの気持ちを察知していただき、なんとなく猫ちゃんが辛そうな時はお気軽に当院までご相談下さい。

 

どうだったかな、チェシャ猫。ご満足いただけたかな?

ニヤリニヤリ…♫



意味深な笑みを浮かべていますが、次回も宜しくね。

 

それでは今月はここまで。来月のコラムもみなさま、お楽しみに♫

中里ミル動物病院 獣医師 渡辺




 

ミル動物病院では健康診断『ワンニャンドック』を実施ししております。当院でも健康診断プランもご用意していますので、体調で気になる事がある方は遠慮なく当院受付もしくは獣医師にご相談ください。

ご不明な点、ご相談は当院までご連絡ください。

関連記事
コラム:ビーグルのかかりやすい病気について

みなさま、こんにちわ。ミル動物病院桜ケ丘、院長の飯島です。   ご存じの方もいると思いますが、今年の6月より『あゆむ』という名前のビーグルが入社いたしました。今年の12月で生後11か月になりましたが、オスのわり[…]

[» 続きを見る]

コラム:その症状、もしかしたら「逆くしゃみ」かも!? 意外と知らない「逆くしゃみ」に関して。

皆様、みなさま、こんにちわ。富士市のミル動物病院桜ヶ丘、獣医の飯島です。 今日のコラムは、案外ペット愛好家の皆さまも知らない、ワンちゃんによく見られる症状についてお話ししようと思います。 以前、咳と吐き気のコラムで動画撮[…]

[» 続きを見る]

★ NEW ★海外での「SHIBA INU」人気をみて思うこと

皆様こんにちわ。中里ミル動物病院、院長の渡邉です。 今回のコラムのテーマは「海外での「SHIBA INU」人気をみて思うこと」と題して皆様へコラムをお届けしようと思います。 海外で人気の高いSHIBA INU 皆様は、近[…]

[» 続きを見る]

★ NEW ★ 【朗報】ホルモン測定がミル動物病院でも可能になりました。

皆様、こんにちは。ミル動物病院桜ヶ丘医院長の飯島です。 世間は、新型コロナウイルス感染症の話題で持ちきりとなっています。嘗て無い程に世界全体が大変な事態に陥っております。皆様の周りの方々は大丈夫でしょうか。 日本全体が自[…]

[» 続きを見る]

【後編】もしも、子猫を保護したらどうする?

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 今回のコラムは「もしも子猫を保護したらどうするべきなのか。」というコラムを前編・後編と分けてお送りしております。 後半のコラムである今回は「月齢別栄養管理方[…]

[» 続きを見る]