★ NEW ★ その症状、もしかしたら「逆くしゃみ」かも!? 意外と知らない「逆くしゃみ」に関して。

皆様、みなさま、こんにちわ。富士市のミル動物病院桜ヶ丘、獣医の飯島です。

今日のコラムは、案外ペット愛好家の皆さまも知らない、ワンちゃんによく見られる症状についてお話ししようと思います。

ミル動物病院12月コラム_年忘れヒヤリハット集

なんだか、調子が悪いワン・・・


以前、咳と吐き気のコラムで動画撮影の有効性をお話しさせてもらいました。

(上記リンクをクリックすると、該当コラムが開きます。)

 

おかげで最近、飼い主様来院の際は、皆さまよく動画を撮ってきてくださります。正確な診察をする上で、大変参考になります。ありがとうございます。

 

そこで今回は、お持ちいただいた動画の相談で多かった、とある症例をコラムの題材にしてみました。



僕はどこが悪いのかな。動画を先生に見せて欲しいワン♬


診察前に症例を動画撮影しましょう。

さて、皆さま。まずはこちらの動画をご覧ください。 

こちらの少し苦しそうなワンちゃん。皆様はこちらのワンちゃんの動画を見て、どのような症状かと思いましたでしょうか。吐き気に見えましたか?それとも、咳き込んでいるように見えましたか?

 

実はこれ、吐き気でもなければ咳でも無く、実は『逆くしゃみ』というワンちゃんのくしゃみなのです。



分かってくれて嬉しいワン♬



事前に心配だと思う症例が出た時に、この動画のように撮影していただければ、診察時にすぐに症状を特定することができます。動画の撮影は我々獣医師にとってはもちろん、患者様対してもすぐに症状を特定できるため、双方にメリットがあります。

 

生理現象?それとも病気?

わんちゃんの場合、人間のくしゃみのように、「ハクション!」と吐き出すようなくしゃみもしますが、動画のように吸い込むようなくしゃみもします。くしゃみは生理的にも出るので、基本的には心配はありません。

 

しかし、アレルギー性鼻炎や鼻腔内のトラブルで急に増える事もあります。人間の場合も『1日で5回以上くしゃみをしたら病気』などと決まりはありません。犬も人間も同じで、しゃっくりは横隔膜が痙攣することによって起こるのですが、原因は様々です。

 

くしゃみ以外に『いつも以上にくしゃみが多い』『鼻血がでる』『元気がない』『食欲が落ちた』などの症状が見られた場合は、かかりつけの病院にご相談ください。

 

ミル動物病院桜ヶ丘:獣医師 飯島



ミル動物病院では健康診断『ワンニャンドック』を実施ししております。当院でも健康診断プランもご用意していますので、体調で気になる事がある方は遠慮なく当院受付もしくは獣医師にご相談ください。

ご不明な点、ご相談は当院までご連絡ください。


関連記事
「飲水量・尿量」の変化にご注意を!

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 寒さも一段と厳しくなってきましたが、皆様のワンちゃんネコちゃんの体調はいかがでしょうか? 寒い季節はトイレに行くのが億劫になるこの季節ですが、今回は「飲水量[…]

[» 続きを見る]

咽頭内異物:ペットが喉に詰まらせた!

みなさま、こんにちは。中里ミル動物病院、院長の渡辺です。 今回のコラムは、咽頭内異物についてお話します。 咽頭内異物と書くと難しい病気のように聞こえますが、簡単に言うと「のどにモノを詰まらせてしまった」ということです。何[…]

[» 続きを見る]

年忘れ!動物病院のあるある『ヒヤリ&ハッと集』

みなさまこんにちわ。ミル動物病院桜ヶ丘医院長飯島です。 今回のコラムは、年忘れ!動物病院のあるある『ヒヤリ&ハッと集』と題しまして、動物病院でよく見受けられる、ちょっとした不注意による失敗談を発生場所別に纏めたお話しをし[…]

[» 続きを見る]

【後編】もしも、子猫を保護したらどうする?

皆様、こんにちわ。富士市の「中里ミル動物病院」院長の渡邉です。 今回のコラムは「もしも子猫を保護したらどうするべきなのか。」というコラムを前編・後編と分けてお送りしております。 後半のコラムである今回は「月齢別栄養管理方[…]

[» 続きを見る]

犬猫を飼う前に飼い主が知っておくべき大切なコト

皆さま、こんにちわ。中里ミル動物病院院長の渡邉です。 今回のコラムは、「犬猫を飼う前に、飼い主が知っておくべき大切なコト」についてお話をしようと思います。   皆さん。突然ですが、こちらの「ベンガル」と[…]

[» 続きを見る]